胃潰瘍の発症リスクはピロリ菌の除菌から!効果的な食事はニンニク!

胃潰瘍の発症リスクはピロリ菌の除菌から!効果的な食事はニンニク!

胃潰瘍の発症リスクはピロリ菌の除菌はニンニク!

 

 

ニンニクは胃潰瘍に効果があると言われています。

 

 

その大きな理由の一つとして胃潰瘍、十二指腸潰瘍の主な原因となっているヘリコバクター・ピロリ菌を排除する事が出来るからです。

 

 

実際の研究報告でもニンニクを摂取してピロリ菌の感染が減ったり、増殖を抑えたりする事が確認されています。

 

 

ニンニクにはアリシンという成分が含まれてて、アリシンは変化をしてジアリルスルフィドなどのイオウ化合物も産出します。

 

 

この成分と似たイオウ化合物のイソチオシアネートはキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどに含まれており、ピロリ菌を排除すると言われていますので、同じイオウ化合物なら排除できると考えられます。

 

 

ニンニクが胃潰瘍に効果があると言われる理由は上記の通りです。

 

 

即効性は低いかもしれませんが、長期的な摂取には効果的でしょう。

 

 

しかし、刺激物でもありますので取りすぎてしまうと逆効果になる可能性もあります。

 

 

ニンニクを食べる時は、空腹時を避けて適量を摂取するようにすれば良いでしょう。